英語力0で3ヶ月ヨーロッパ女一人旅しちゃいました日記。

sorawimameの趣味写真ブログ。主に旅行や趣味で撮った写真を載せます。ヨーロッパや日本の風景、人物写真など。写真の無断転載禁止!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

寝台列車の乗り方。

私は今回の旅で2回、寝台列車を利用しました。

10/1(木) スイス/Visp駅(23:59発)→イタリア/Roma Termini駅(翌日9:12着)
6名クシェット/41CHF(ユーレイルグローバルパス使用料金)

10/10(土) イタリア/Milano Centrale駅(23:35発)→フランス/Paris Gare de Bercy駅(8:19着)
6名クシェット/25€(ユーレイルグローバルパス使用料金)
日本円にするとどちらも4千円程度です。

詳しい料金や時刻表はココ参考になります

ヨーロッパ旅するなら、やはり寝台列車には興味ある方も多いでしょう。
私が実際に乗る前は、寝ている間の盗難の心配やベッドの乗り心地など気になってました…
そんな事が気になる未経験者の方の為に、少し詳しく語ってみます。

まずチケットの取り方。
寝台列車は乗車券とは別に、必ず予約チケットが必要です。ですから、当然乗る前に予約しなくてはなりません。
チケットは現地の駅の窓口または日本の旅行会社で手配・発券が出来ます。

私はフィスプ→ローマからのはHISチューリヒ支店で乗車日の5日前に手配と発券をしてもらいました。
ミラノ→パリのは乗車日の1週間前にローマ・テルミニ駅の窓口で手配・発券。
イタリア・フランスの寝台車は夏・秋などシーズンの特に週末は大変込み合うので、なるべく早めの予約をオススメします!
日程が決まっているなら日本で手配していった方が無難!

私、本当は10/2(金)の夜にスイス/ベルン→イタリア/ローマの寝台列車に乗りたかったんだけど、
5日前に予約しようとしたら見事にどのタイプの席も全て満席だったのよ……
その前後の10/1(木)も10/3(土)も、ベルン→ローマの寝台車は満席でした…

唯一、10/1(木)フィスプ→ローマの6名クシェットに空きがあったので仕方なくそれで予約しました。
(因みにフィスプ→ローマ、10/2~3も満席だったのよ!)

更にミラノ→パリ間も、私が利用した10/10(土)前後の日程は全て満席でしたよー(´Д`;;;)(一週間前に窓口で予約した時点での話)
イタリア・フランス方面の寝台車はほんまに込み合うからのう…みなさん、1週間前とかよした方がいいですよう;;


次に当日、寝台車への乗り込み方。
まあ普通に駅に向かって、掲示板で自分が乗る列車がどこホームから出るのか確認して乗りこむだけなんだけどねー。
寝台車は乗る前はパスポート見せたりとか色々あるんで、出発の20~30分前に駅に向かった方が無難。
イタリアから乗る時はホームに警察がいて、ホームに入る前にパスポート提示求められたりしたよ。

こっから分かりやすいように箇条書き
・チケットに書いてある列車の番号と席を確認して列車に乗り込む。
・気が付けば列車が出発。
・自分のベッドがまだセットされていなければ(まだ椅子の状態)、車掌に行って椅子の状態から簡易クシェットへセットしてもらう。
・荷物を上の棚に上げる(私の荷物は物凄い重いので、親切な同室の男性が3人がかりで棚にあげてくれた…)
・車内に置いてあるシーツとマクラカバーを自分でセットする。
・列車が出発してからまもなく車掌が鉄道チケットとパスポートを預かりにくるので、渡す。
※チケットとパスポートは翌日の朝まで車掌に預けっぱなしにしなくてはならない。
始めはパスポートを手放す事に不安を覚えるが、寝てる間に盗まれる事もなく、きちんと翌日朝に車掌が戻しにくるので寧ろ安心。
・就寝
・クシェットの寝心地…小さな部屋に3段ベッドが二つ。物凄く狭い。男性には絶対辛い。ベッドが硬い。ゴトンゴトンと電車の揺れる音が結構気になる。
でも私は物凄い疲れてたのと、同室の方が紳士的な男性で静かだったのでゆっくり寝れたけどね^^
因みに2回とも、6人中ただ1人の女性客でした…女性の利用率少ないのかな?
他のクシェットものぞいてみたけど、女の子1人くらいしか見かけなかったような気が^^^^
てか本当に週末の寝台車って満席なのな!空いてるイメージあったからびっくりしました。

あ、運が悪いと同室が若い男女で騒ぎ放題だったり、小さな子供が暴れまわったりしてよく眠れないらしいよ。
そんな時は車掌に相談してみましょう。他の同等レベルのベッドに空きがあれば部屋チェンジしてくれるらしいよ。

※寝台車で重要なのは、荷物の保管方法。
大きな荷物と貴重品は別にして、
貴重品は自分の枕の下に引くかウェストポーチでお腹に巻いて寝る事。
大きな荷物は必ず上の棚に上げるか、可能なら自分のベッドの足元に置いて、荷物の上に足をのっけて寝てしまう。
大きな荷物は、重いからと言って床の空いたスペース等に置いたりすると、寝てる間に荷物丸ごと盗難される可能性が高いです。
6名クシェットには鍵がついていませんから、寝てる間に誰が入ってきてもおかしくありません

同室に男性がいれば、女性相手なら大抵は手伝ってくれますよー。
たまにネットで見るんだよね…ベッド下の床に荷物置いといたら、寝てる間に荷物ごと盗まれたとかさ…
棚の上のに置いとけば流石に物音に気付く可能性も高いし、更に足元なんかにおいて寝ちゃえば安心だよね。

まあ寝台車の利用方ってこんな感じ?
分かりずらかったらすんません…

盗難の不安や、同室の人間が信用出来ない不安、乗る前は色々と怖かったんだけど、
1度乗ってしまうと、結構楽しかったりします。
1回目の寝台車が割と楽しくって、2回目に乗る時もわくわくしてたもんね!
きちんと荷物管理さえしていればそんなに怖いことはないし、イタリア方面は治安は悪いけど優しい人多いからそんなに構えることも無かったのかもしれない。

***************************
英語ダメな方へのアドバイスコーナー☆パフパフパフーッ!

現地でのチケット予約方法のコツ。
いかんせん英語が出来んので、スイスではわざわざ20CHF(約2千円)の手数料を支払ってHISで手配してもらいました。
HISはヨーロッパの大抵の国にあるし、全て日本語対応なので安心。
予定していたベルン→ローマ間が満席でどうしよう!となった時に、HISの方が別の移動方法を調べてくれて、何度も電話して空席を確認してくれて、凄く助かった。
HISが無ければ、スイス→ローマの寝台車予約は出来なかったでしょう。

イタリアのローマテルミニ駅の窓口では、当然日本語は通じません。
なので、前もってトーマスクック時刻表で自分の乗りたい列車の日程・時間を検索して紙に書いておく。
窓口で日程・時間を書いた紙を見せて「I'd like to reserve a seat on this train.(この列車の座席を予約したいのですが)」と一言。
一番初めに「I can't speak English. Could you speak more slowly?」(英語話せません。ゆっくり話して下さい)と伝えると、駅員さんは分かりやすく言ってくれたり、紙に書いてくれたりします。
チケットの値段に関しては、必ず紙に書いてもらうか、画面上で確認をした上で発券をしてもらいます。
チケットは一度発券してしまうと取消し出来なかったり、取消料がかかったりするので、
特に英語の聞き取りに自信の無い方は、発券前に必ず目で時間と値段を確認する事が大切!

まあそんな感じで三カ月生き延びてましたわたくし(´Д`)
スポンサーサイト


  1. 2009/10/20(火) 23:37:40|
  2. ヨーロッパ鉄道情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イギリス以降の予定表。 | ホーム | アイラブ☆ヴェネチア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soramameblog.blog36.fc2.com/tb.php/112-814e51ea

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。