英語力0で3ヶ月ヨーロッパ女一人旅しちゃいました日記。

sorawimameの趣味写真ブログ。主に旅行や趣味で撮った写真を載せます。ヨーロッパや日本の風景、人物写真など。写真の無断転載禁止!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ちょっとマニアなカメラ関係の持ち物話。

なんかここ最近のアクセスが妙に多いなあとビビっていたら、
とある掲示板に書き込みされていたからなんですねー
まあ、変な書き込みじゃなくて、単なる参考としてうちのURLおかれていた感じなので、全然OKなんですが(笑)
変なアダルトサイトとかでじゃなければ基本リンクフリーダムダム。

なにやら世界一周旅行に一眼レフ持っていこうか悩んでるような意見に対しての参考だったみたいですが。
そういや、うちも長期旅行いく前はカメラ機材は散々悩んだもんだなあ。

そんな訳で。
今回は長期バックパッカー旅行での一眼レフカメラ機材に関する話題。最近ネタが無いから思いつき
私が持っていった機材について、盗難にたいしての対処方なんかも書きます。

盗難予防 と 機材重量との戦い に 超 絶 必 死 の 物 語(°Д°)
私の荷物、どうぞどうぞ盗んで下さいと見せつけてるような気がして…

最近、一眼持つ人ほんと多いしね。長期旅行だと持っていこうか迷うよね。
私は写真を撮るために旅をするような人間だから迷わず一眼は持っていったけれど、迷うのは何のスペック持っていくかってとこだったなあ。


-----------------------------------------------------------------------
私がヨーロッパ3ヶ月で持っていったカメラ関係機材
-----------------------------------------------------------------------
・canon EOS 5Dmark2 (810g)
・SIGMA 24-70mm F2.8(715g)
・tokina 11-17mm F3.5-F4.5 Fisheye (350g)
・canon スピードライト430EXⅡ(320g)
・Victor GZ-HD300(HDD60GB内蔵型のビデオカメラ。写真も撮れるよ。)(370g)
・東芝のWindowsVstaノートパソコン(DVD-Rの書き込み出来るもの)(約3kg)
・バッファローのポータブル外付けハードディスク(320GB)(225g)
・DVD-R 4.7GB×30枚
・CFカード(メモリーカード) 4GB×2枚 8GB×1枚
・ブロアー(カメラのお掃除道具)
・他、充電池やら充電機やら諸々

合計約 7kg
-----------------------------------------------------------------------
どんなカメラ機材か気になる人は上記機材名をコピって検索してちょ。(リンク貼るのめんd略)

この7kgを引きずってのバックパッカーはとにかく辛い。更に私生活品の荷物も加わる訳ですから。
正直この機材量、長期旅行後半になると大分精神的に病みます。(←文字クリックでリアルタイム日記へリンク)
後半の方は機材入ったリュックが重くて肩がこりまくって真剣に凄い痛くて、
財布とコンパクトカメラだけ持って町を歩きたいと思いました。
旅行が終わった今じゃあ、やっぱり一眼にして良かったなあと思うけれど、
よほどの写真マニアでない限り、一眼レフカメラ+パソコンを長期旅行に持って行くのはオススメしません。
まあ私は写真バカなので、もし次回またバックパッカーやるとしても上記に似た機材持っていくけど。

今回の旅で、私にとってはスピードライド以外の機材についてはまあ正解だったと思ってます。
欲を言えば、更に28-300mmもあれば良かったなあと思う。
望遠レンズのいいところは遠くのものを引き寄せる事。
海外旅行ではその原理が大いに活躍する場が非常に多かったです。
(手前の被写体と遠くの被写体を一緒に撮るときに、近くで広角(24mmとか)にして撮るのと、遠くで望遠(200mmとか)にして撮ると、手前の被写体の大きさは同じだけれど遠くの被写体の大きさが変わる。/この原理については分かりずらいので後日写真付きで説明します)


*** 持っていった機材の失敗点 ***
・スピードライト。(外付けストロボ)結局2回しか使用せず…。
 5Dmark2には内蔵ストロボが無いので必要かと思ったのだが、
 私が行った時期(7~10月)のヨーロッパは19~21時まで外がほぼ明るいからストロボ滅多に使う機会がなかった。
 室内(特に教会)ではストロボ発行禁止の場所が多い。
 真っ暗の中でも何かの上に置いて固定してシャッタースピードを遅くすればストロボ無しでも撮れる。
 女性の私にとって5Dmark2+24-70mmとビデオカメラだけで十分重たくて、
 観光中に持ち歩くのが苦痛になり、ほぼホテルに置きっぱなしだった。

・望遠レンズを24-70mmの一本しか持って行かなかった事。
 旅行1ヶ月目にさ…24-70mmをさ…落として壊したんだよ…。
 ピントが中々合わなくなったり、50mmまでしか望遠に出来なくなったり…。
 最悪撮れなくはなかったので無理やり残り2ヶ月使い通したけど。
 旅行中に現地で購入しようにも、中々フルサイズ向けレンズが売ってねえええええ…!!買おうにも高ぇぇっぇ!!
 (17-55mmとかはまだ手頃価格で売ってんだよね…でも5Dには使えないのよね…泣)
 落として壊すなんて、無いとは限りません。数か月の長期ならば軽量望遠レンズをもう一個持つ事もオススメします。
 因みに修理代金は海外旅行保険でまかなったからいいんだけど。


*** 持っていった機材の成功点 ***
・フィッシュアイ(魚眼レンズ)は教会など狭い室内で大活躍
 トキナーのフィッシュアイは14-17mmの画角なら5Dでも使えます。
 とにかく他の人とは違う幻想的な写真が撮れるから非常に満足したのよね。
 後は塔の上から街全体を撮るときに、端っこまで全て写るからこれも中々楽しめる。
 そんなに重くないので、予算に余裕のある人、特に教会が多いヨーロッパ一周する人には是非オススメしたい。

・VictorのHDD内蔵型ビデオカメラ
 海外に行くと、道ばたで大道芸人が素敵な音楽を奏でているのは日常風景。そんな音楽は絶対ビデオにおさめたい!
 HDD内蔵型ビデオカメラならかさばらないし撮る時に非常に楽ちん。
 ビデオだけど写真も撮れるので、旅行中に一眼レフカメラが盗難にあってもカメラ代用品として使える。
 5Dmark2でもビデオ機能ついているので撮れなくは無いですが落とし穴。
 調子に乗って一眼レフカメラで長時間ビデオ撮ってるとセンサー内部汚れまくります。
 だってビデオ撮影中って、つまりミラーアップ状態で撮影してる訳でしょ。
 しょっちゅうレンズ交換する人ならすぐゴミ入るよ。
 長期旅行中とか、メーカー清掃に出しに行けないような環境の中、5Dmark2でのビデオ撮影は絶対オススメしません!!
 10分位撮影したら、センサー内に即効小さなゴミが入って写真に写りこんで嫌な思いをした。
 仕方なくミラーアップしてブロアー清掃したけど、怖いからそれはなるべく個人でしたかないし。


今は17-55mm F2.8のレンズとか出てるから、正直EOS40D&17-55mmでも良かったなーとか思う。
なにより内蔵ストロボ付いてるのが利点。
長期だとなるべく荷物少なくしたいし、ストロボわざわざ持って行っても結局重たくて部屋に置きっぱなし、
でもやっぱり内蔵ストロボがあったら楽だなと感じた。
次回長期行く事があれば、寧ろEOS40D&17-55mmで行きたいかも。
なんか最近APS-Cサイズ向けのデジタル専用レンズ出まくってるし、
もはや海外のカメラ専門店ではフルサイズ向けのレンズほぼ売ってないし、なんかフルの意味あるのかなとか思った…
まあこだわる人ならそりゃ違いはあるけどさ。


*** カメラ機材や写真データを守るために工夫したこと(盗難防止策など) ***
・メインカメラがいつ盗まれてもいいような状態にしておくこと。
*常に写真データのバックアップ!!
*一眼レフカメラの他にもう一台予備のコンパクトカメラを持つ。(私の場合はビデオカメラで対応)
*盗難保障の利く海外旅行保険に入っておく
 まず、カメラが盗難にあっても、海外旅行に入っておけばカメラ代は戻るのでぶっちゃけ大して凹まないのだ。
 (といっても盗難保障は1点につき最高10万円までだから5D(24万)盗難されると痛いけど…)
 なにより凹むのが、カメラごとメモリーカードが持って行かれてしまうこと…
 折角の3ヶ月分のデータを最後にまるまる盗まれたら私死ぬ。だから色々工夫してバックアップだけは常に心がけた。
 あと、メインの一眼が途中で盗まれても、もう一台予備でコンパクトカメラとかあれば安心かな。2台盗まれたらダブルパンチだけどね☆
 まあ一眼レフなんて格好の盗難標的持っていくんなら、
 盗難されたら途中で安いカメラ買って代用すればいいや、ぐらい図太い気持ちでいないとね。


・写真データのバックアップ方法
 私は大事なシーンではRAWでも撮るので大容量が必要+長期だから日本語ネット環境も欲しいなーって事でパソコンでバックアップをとる事に。
 基本は全て外付けHDD(320GB)に保存。
 でも外付けHDDが万一故障や盗難にあった時の念の為、JPEG写真データのみDVD-Rに焼いて日本に送っていました。
 JPEG写真データが4.7GB近くなったら、まとめてDVD-Rにバックアップ。
 で、1ヶ月ごととかにDVD-Rだけまとめて日本に送っちゃう。(結局私は1回しか送らなかったけど)
 あと、パソコンでバックアップ取れなった日の翌日なんかはメモリーカードを換えて撮影していたよ。

・ホテル内ではなるべく他人にカメラやパソコンを見せない
 前回、盗難防止策に書いた事だけど。私はドミトリー(相部屋)宿泊中心だったのでかなり細心の注意をはらって隠していました。
 パソコンを使用(バックアップ)するタイミングは、
 ドミトリー部屋の中に誰もいない時を狙ったり、
 同じホテルに連泊する時は最終夜のみ部屋の中でパソコンを使用するようにしたり。
 (例えば同じホテルに3泊する時には、パソコンは3泊目の夜に使用)
 ホテル宿泊者全員が利用できる談話室とか公共の場ではパソコン使用を避けた。

・町を歩く時のカメラの持ち方
 私は首から下げるのではなく、カメラのストラップを長くして片腕を通して肩から鞄を下げるような感じで持っていました。
 常に壁際にカメラを持つようにしていれば更に良い。
 そうすれば、ストラップの紐で首を絞められる危険性も少ないし、なにより肩が凝りにくくなるのだ。(ここ重要)
 小さいカメラならともかく、うちのカメラ君ちょっと大きいから首から下げてると…首が痛い。泣
 あと地下鉄ではカメラが目立ってしまうので必ずリュックの中にしまって大事に抱えていました。

・観光地で他の人に自分を撮って貰いたい時は、写真を頼む相手を確認
 やっぱり観光地行ったら自分の写った写真は欲しいもの。そんな時は盗まなそうな人が来るまで辛抱強く待つ。
 走って逃げてもすぐ追いつけそうなおじいちゃんおばあちゃんとか、日本人観光客とか、同じ一眼レフ持ったおじさんとか。
 一番危ないのは人通りの多い場所でのセルフタイマー撮影かもしれない。通りすがりの兄ちゃんが持って行っちゃうよ。
 まー怖いからなるべく人に頼まないのが一番なんだけどね。基本、自分は写らなくてもいいと考えていたんだけれど、
 母親に言われて気付いたんだ、その場所で自分が写っている写真がなければ行った証拠にはならず、あんたが撮った風景写真は誰が撮った写真なのか分からなくなってしまうと。

・カメラ機材のかばん選び
 池袋のビックカメラで1時間くらい悩みに悩んで、ロープロのカメラ専用リュックを買ってきました。
 こんなリュックです。(文字クリックで参考サイト)
 上記に書いたカメラ・レンズ・ストロボ全て入ります。普段はもはや無理やりカメラ2台・レンズ3本・ストロボ1個とか…
 海外に一眼持って行くならこのリュックかなりお勧め。
 チャックが背中にしか無いので背負っていてもスられにくい、外見も丈夫に出来ているのでナイフでも切られにくい。
 しかも肩幅の紐が狭いので女性の私の肩幅にピッタリサイズ☆
 盗難防止のためにも、カメラバッグ選びは大変重要だと思います。
 


まーこんなもんかねえ。
いつものくせで長くなってしまいました。
海外に行く人で一眼レフの持って行き方とか機材とか詳しく書いてる人をネット上であまりお見かけしないし、
なにかしらの参考にでもなればいいのですが。

因みにヨーロッパの有名観光地(イギリスロンドン、フランスパリ、イタリアローマ等)では外国人のみなさん(女性も含めて)も当たり前のように一眼レフカメラを持っていましたよ。
だから私みたいなちっちゃい女性がでかいカメラ持っていても、そんなに目立たなかったりする。
有名所しか行かないのであれば、そんなに気負いする事もないかも。
まあ田舎町となると別ですけど。

ふと気を抜いた瞬間、身から放したその一瞬に盗られてしまう事があるので、旅先での機材管理には十分気をつけましょう。
夢中に撮ってる間のその背中が一番危険ですよ…


スポンサーサイト
  1. 2009/12/12(土) 00:24:05|
  2. 旅の準備編(予定・予算・持ち物)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13

旅の予算 ~ヨーロッパ3か月分の場合~

旅の予算について質問があったので、お答えします。
というか、前々から書こうと思ってたネタなのにサボってました…えへ


全体の予算内容(イギリス1か月+他ヨーロッパ諸国2か月分)
3か月分合計=約100万円程度
・航空券 106,000円
・ユーレイルグローバルパス 113,000円(2か月連続使用タイプ/ユース2等)
・ブリットレイルパス 20,500円(15日分で日付指定可能タイプ/ユース2等)
※プリットレイルパスはユーレイルパスと同時購入+ユース(16~25才)のみのキャンペーン料金。定価62000円。
・3500ユーロ(1ユーロ=当時約130円)
・1400ポンド(1ポンド=当時約150円)
・他ユーロ通貨ではない国にて約10万円程度(デンマーク3日、チェコ3日、ハンガリー3日、スイス5日)

1日の予算
1日=約30~50ユーロ程度(約4~7000円)
・宿泊費 1泊/15~30ユーロ(ユースホステルでドミトリー(相部屋)料金)
・食費 5~20ユーロ
 朝/国際YHだと大抵朝食付きなのでタダ
 昼/チョコレート又は食べ歩きで5ユーロ
 夜/レストランで10~20ユーロ又はパン等軽食で5ユーロ
・その他(入場料、地下鉄、土産など) 1~30ユーロ
※交通費は全て鉄道パスでカバー(因みに鉄道パスは地下鉄では使用不可)
鉄道パスやチケット料金はこちらのサイト参照
↑のサイトの「オンライン鉄道チケット予約」というところで、ほぼヨーロッパ全域の鉄道チケット料金の細かい検索も出来ますよ。
正し新幹線等の特別料金しか検索出来なかったりもするので、現地でローカル線を利用すれば格段に安く済む場合も有り。


まあこんな感じかなあ。
私は今回割と我慢せずに旅していたので、もっと切り詰めれば3か月70~80万で行けたかも。
ドミトリーで宿泊して節約旅行するのであれば、
たぶん1日50ユーロでまあ楽しい旅がやっていけると思います。
交通費は全て鉄道パスでカバーしていたので細かい額は分りません…。
幅広く国から国へ渡っての旅や、25才以下ならかなり低下額なので鉄道パスを購入した方がお得だし交通費固定されるから楽かも。
しかし鉄道パスとは別に、特別料金がかかる場合もあるので要注意。
まあイタリア・フランス・寝台車以外なら大抵かからないし、かかってもそんな高額ではないと思う。

1日の予算は人それぞれ。
ホテルをシングルにしたら1泊40~80ユーロはする。
食費だってきちんとしたレストラン入れば1日30ユーロはかかる。
交通費も、例えばパリからブリュッセル(東京から大阪に行くようなもん)に新幹線で移動すれば1万円弱かかるし、バスを使えばもっと格安だと思う。
交通費の基本。
鉄道=料金は高い 移動時間は早い
バス=長距離になれば鉄道の半額から3分の1の料金になる事も。 移動時間は鉄道の1.5~3倍。
予算に関してはその人の年齢・考え方によって大幅に変わってきます。

鉄道パス使用して、食費経費もっとケチってやっていけば1日20~30ユーロでもいけると思うけど、
正直お金ケチり過ぎても、その内なんの為に旅にきたんだっけって気持ちになるかも。
旅行中、特に長期戦になっていけばいく程、精神的に疲れます。
お金の余裕=心の余裕
当たり前と思うかもしれんが、いやもう心から本気で言わせて貰います。多めに貯金しといて良かった!
だってさ、その時に出会うものって、もう二度とない一生に一度の体験な訳ですよ。
変なところでケチりたくないよね。
と言っても所詮は庶民。 理 想 論 ですよ。
お金なくてもヨーロッパの町歩いてるだけで十分楽しいし幸せ。
予算も予定も自分色に染めて行って欲しいです。

  1. 2009/11/25(水) 20:51:22|
  2. 旅の準備編(予定・予算・持ち物)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

予定の立て方とか

気が付いたら時間がたってしまいました。
ブログサボってすいません…

今日は、私が長期ヨーロッパ行く前に日本で必ずやっていた事について語ってみよかと思います。
つか、次回また行くやもしれぬ時のために、忘れないためにメモっておこうというもはや自分のための日記です。

まず長期海外旅行って言うと、日本で最低限なにをしたらいいかわかりませんよね。
日本で準備する持ち物については次回語るとして、
今回は日本で最低限これはやっといた方がその先が楽よ~な話
因みに下線引いてある文字は、参照のURLが貼ってあるので、クリックしてみて下さい。

長くなってしまったので、続きはたたみます。
続きを読みたい方は下記をクリック。

【 続きを読む 】
  1. 2009/11/12(木) 00:21:32|
  2. 旅の準備編(予定・予算・持ち物)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

イギリス以降の予定表。

2009/7/21~10/15 の期間に行った12か国
デンマーク→イギリス→フランス→ベルギー→ルクセンブルク→オランダ→ドイツ→チェコ→ハンガリー→オーストリア→スイス→イタリア
-------------------------------------------------------

前回、イギリス中の予定表は書いていたんですが、8/26以降のイギリス以外の予定表を書いていなかったんで書いときます。
この予定表にこれから書く予定のレポートへもリンクさせて、今回の旅の一覧表としても使いまわす予定。
とりあえずサラサラっと書いたんで分かりずらいですが、またちょくちょく書き直します;;

因みに、()に書いてある時間は基本的に列車での片道の移動時間です。
今回ユーレイル・グローバルパス(EU加盟国での列車乗り放題パス)を所持していた為、9割列車を利用している為です。
列車以外(バスとか)の移動方法の場合はちゃんと書いてあるんでご参考までにー

イギリスの予定表はこちら

長いのでたたみます。
続きを読むをクリックでご覧下さいませ。

【 続きを読む 】
  1. 2009/10/21(水) 00:43:27|
  2. 旅の準備編(予定・予算・持ち物)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

予定とか。

どうもちょいお久しぶりです。
いよいよ日本出国まであと3週間もないくらい。
早いな。
やばいな。
全然予定が決まってない…
今日は一応なんとなく決めた予定を書きます。

イギリスは経験があるのでなんとか予定たっているのですが、
いかんせん、他の国事情とかが分からんとですよ…

長期海外旅行へ行く時の予定の立て方ですが、
私の場合は主に「地球の歩き方」をとにかく全ページ見て
気になる好みの街を写真(つまり見た目だけ)で判断してふせんでピックアップして
路線図が載った国全体地図で行きたい街に丸つけてそれぞれ街通しを線で結びつける。
移動方法は主にトーマスクック時刻表を見ながら移動時間やら観光日数計算やらする。
で、ザッと日数計算が決まったら早速宿を予約してしまう。

宿予約は8割ユースホステルのオンライン予約サービスを利用します。
ユースホステルのオンライン予約サービスは非常にオススメです。
好きな宿を選択→必要事項入力→デポジットをクレジット決算(残り宿泊料は当日払い)→予約完了
という非常に簡単な流れで、世界YHAのどこの宿でも一気に予約出来ちゃいます。
決められた必要事項を記入してこちらから送信するだけなので、分からない英文でやりとりする必要もなし。
日本ユースホステル協会のサイトで、分かりやすくオンライン予約方法を説明してくれているので、とても安心。
宿泊する街は必ずユースホステルのある街と限定してます。

訪れた街で当日朝とかに宿確保するバックパッカーもいらっしゃるようですが、
どうやら8月は宿が込み合うらしく、ホステルが満杯の事が多いらしいんだよね。
当日ホステルが取れなくて高いホテルになるのも、路頭に迷って野宿になるのも嫌なので、必ず予約だけは入れるようにしていこうと思いました。
まあストライキ等で目的の宿に辿りつけなかったり、予定変更ができなかったりだとか融通はきかないけど。
なにしろ英語話せないからさあ。
前もってしっかり宿予約しないと安心出来ないんだよ!

その辺融通きかせようがないんだよ…!電話予約も出来ねえよ!!

そんな訳で8月の宿がもう決まっちゃってます^^

7/21~24 デンマーク・コペンハーゲン
7/24~8/7 イギリス・ロンドン(ここ拠点に、ロンドン郊外を色々まわる予定)
8/7~9  マンチェスター
9~10  チェスター
10~12 バンガー(ここ拠点にコンウィへも)
12~14 ハワース
14~16 ウィットビー
16~19 ニューキャッスル・アポン・タイン(ここ拠点にアニック城とダラムへも行く)
20~23 カーライル(宿予約してないけど予定)
23~26 エディンバラ
26~29 ロンドン→フランス・パリへ
29~未定。フランスのリール辺りで1泊してからベルギー入りしようかと。

てな感じ?
ベルギー以降の予定がまったく決まらず。
毎日ニートのくせに、なにも出来ていない、それが現実…泣

個人的にアニック城とダラムが非常に楽しみです!
ハリーポッターの映画ロケ地なんだって。

アニック城は賢者の石で箒乗る練習してる時に出てきたのが印象的なんだよね。
やっべぇぇぇぇ!!ほんとに楽しみ!!
ロンドン郊外にも色々ロケ地が潜んでいるので行きまくります。
私がイギリス好きになったのって、そもそもハリーポッターがきっかけだったからねえ。
いっぱい写真撮ってここで公開出来たらいいな^^
ネットで漁っても、ハリポタロケ地の大きくて綺麗な写真とか中々載せてる所ないんだよね…
まあ、私が綺麗な写真撮れるかは謎だけどね^^;

  1. 2009/07/04(土) 22:01:25|
  2. 旅の準備編(予定・予算・持ち物)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。